折込エリアの決め方|茨城県の新聞折込は、新聞折込専門店「茨城みらい新聞折込」にお任せください。朝日新聞、読売新聞、産経新聞、茨城新聞、日経新聞などへの新聞折込広告激安印刷・チラシデザインもご提供しております。
ホーム > 折込エリアの決め方
ホーム > 折込エリアの決め方
折込エリアの決め方
3つの折込エリアの決定要素
  • 商圏内に配布する

    【1次商圏】(毎日でも通える距離)
    ・徒歩で10分以内(半径500m以内)
    ・自転車で10分以内(半径1km以内)
    ・車で10分以内(半径3Km以内)
    【2次商圏】(週末なら通える距離)
    ・車で20分以内(半径5Km以内)
    【3次商圏】(連休や月1回なら通える距離)
    ・車、鉄道で30分以内(7~10Km以内)
競合他社がいないようなサービスであれば3次商圏より広く配布しても集客を狙うことができます。地域の特性や状況を見てどの程度の範囲が有効かを検討しましょう。
商圏内に配布する

【1次商圏】(毎日でも通える距離)
・徒歩で10分以内(半径500m以内)
・自転車で10分以内(半径1km以内)
・車で10分以内(半径3Km以内)

【2次商圏】 (週末なら通える距離)
・車で20分以内(半径5Km以内)

【3次商圏】 (連休や月1回なら通える距離)
・車、鉄道で30分以内(7~10Km以内)

競合他社がいないようなサービスであれば3次商圏より広く配布しても集客を狙うことができます。地域の特性や状況を見てどの程度の範囲が有効かを検討しましょう。
対象となるターゲットが多く住んでいる地域に配布する
新築が多い地域、小学生が多い地域、集合住宅が多い地域など、サービスに合った層をピックアップしていきましょう。
上記内容を合わせた配布
商圏内でさらにターゲット層の多い地域をピックアップしていく方法です。
実際に来店できる距離のなかから特にターゲットが多く住んでいる地域をピックアップしていくのでまばらにはなりますが広く配布していくことができます。
ページのトップへ戻る